人気急上昇!注目の職業フードコーディネーターになる方法
ロゴ

DREAM.net

幅広いフィールドで活躍できるフードコーディネーターの魅力

需要が伸びている

近年では、フードコーディネーターという比較的新しい職業が注目されるようになっています。カフェや居酒屋など飲食業界は盛況ですし、ブライダル関連などのパーティー業界も盛り上がりを見せています。食は栄養を補給するだけではなく、食事をすることによって人と人を繋ぐ大切なテーマとなりますので、さまざまな分野で重要視されています。そんななかで、食のトータルアドバイスやディレクションができるフードコーディネーターのニーズが高まっているのです。

フードコーディネーターの主な仕事

男女

各メディアでのスタイリング

テレビや映画、雑誌など華々しい世界で食を発信していきます。

店舗メニューのプロデュース

出店する飲食店のオリジナルメニュー作成・プロデュースを進めていきます。

新商品の開発・デザイン

食品メーカーで新しい商品の企画開発に携わります。

人気急上昇!注目の職業フードコーディネーターになる方法

調理器具

多岐に渡る仕事内容

フードコーディネーターは、食という人間にとって切り離せないテーマを扱う職業です。食といっても、さまざまな切り口があります。例えば世界進出を狙うのであれば、海外でもブームとなっている日本食をテーマにするのが賢明ですが、もちろん日本食についての造詣が深くなくてはいけません。それに加えて、どうしたらより魅力的にターゲットに伝わるのか、マーケティングやプロデュースなどの戦略的な視点も重要になってくるでしょう。

ウーマン

高い視点が必要

多種多様な知識やスキルが求められるフードコーディネーターを目指すのであれば、まずは高くて広い視点を獲得することが必要です。ただ、食との関わり方はたくさんありますので、もしプロの料理人を目指しているならば、調理の知識や技術をとことん学べる専門学校に通うのがよいでしょう。そうすれば卒業後は一流と呼ばれる店舗を渡り歩くなど修業を重ねて料理の極めていくこともできます。専門学校で基礎的な学習をしておけば、それだけ可能性が広がるといえます。

調理

すぐに活躍したいなら

料理の技を身に付けてからフードコーディネーターとして活躍することで、唯一無二の仕事をすることもできるでしょう。しかし、それには長い年月が必要となります。調理の腕を磨くよりも、プロデュースやプランニングに特化したフードコーディネーターを目指すのであれば、フードコーディネーター専門の学校に行くことが近道となるでしょう。現場で役立つ最先端の知識やテクニックが身に付きますので、早く第一線で活躍することが期待できます。企業に就職して大きなチャンスを得ることもできますし、ブログやSNSを使って個人で発信しながら、イベントや料理教室などを企画プロデュースしてフリーで活動することも可能です。

専門学校で即戦力となる技を磨く!

さまざまな分野で活躍が期待できるフードコーディネーターを目指しているなら、専門学校で学ぶことが近道となります。